あんこたっぷり 特許 太郎焼 本舗

ようこそ 特許太郎焼本舗 古川製餡のホームページへ !  /

たろやき を クリックしてみて。

太郎焼は、おいしい自家製あんこが自慢の、純日本的な和菓子です。 健康にも最高とされる小豆(あずき)を100パーセントであずきの 本当のおいしさをお楽しみになれるように砂糖も少な目で仕上げています。 日本中のみなさまに、おいしさをお届けするために、全国規模で展開 いたしております。太郎焼は、私どもの、焼き和菓子の商標です。 あんこの焼き 和菓子 で、最高のおいしさを追求したら、きっと太郎焼 に行き着くことでしょう。 越谷店 5個入り 750円(税込み) 一個あたり 150円(税込み)です。 (現在 お客様の健康アップをサポートするために    ボランティア価格1個あたり100円税込みにて販売しています) 当店の太郎焼は食品の為に買った瞬間直度でも、信頼を重視しているために 如何なる理由がありましても、当店では、絶対に返品や交換は出来ません。 (食の安全は対面販売とこのような厳重な安全確立ポリシーによって守られます) ご理解の上にお買い求めをお願いします。 2017年も小豆で健康アップに貢献する企業を目指します。 営業時間 朝9時30分〜夕5時00分頃(日曜と木曜が定休日です)10月より木曜日曜のみ定休です 火曜も営業します (夏の間 6.7.8.9.10月のみ火曜休み) 自家製のあんこを使用していますので賞味期限は当日限りです。(3時間以内に冷却し冷蔵庫10℃以下で数日持ちます) 焼きたてを直ぐに箱入れしていますのでおいしさが ながもちします、一度に召し上がらない場合は袋に入れ 水分が逃げないように空気にふれない方がいいです。 生地はもっちり餅系ですが、硬くならない細工での生地に油などを混合していませんので 冷めて時間が立つと硬くなります。水分だけの柔らかさで、ノンオイルのため低カロリーで安心ヘルシー生地です。 水分で柔らかさを保ってまいす。(バラ売り用紙袋も保湿性の良い高価な袋を使用) (参考例 たい焼き や パンで美味しいですが パリッとした触感の クロワッサン生地 shortening油やmargarine油など油がたくさん含まれます17−29%) (新鮮な無添加の自家製あんこです、一般で使っている数ヶ月持つビニール入り市販あんこと違い    保存料やソルビトールは一切使ってませんので、おいしさも格段で新鮮で健康的 ヘルシーあんこ です) お店が1日以上休まない理由は、あんこの鮮度と美味しさを保つためです、太郎焼きマシン製造台にセットしたあんこを、 家庭用ですが4〜5台の冷凍冷蔵庫で2Lペットボトル氷にして、12本(氷24kg)を 吊るし抱き合わせ防寒着断熱で幾重にも包み、太郎焼き機械あんこ部分を10℃以下に保つには、真冬以外は1日が限界です、(連続で約40時間) お休みは祝日関係なく、夏場は、日、火、木がお休みです。1日休み開店朝に、真夏でも氷がペットボトル内部氷が3割以上残っています。 24Kgと氷の容量が大きいので保冷効果は魔法瓶を超えています あんこの冷蔵管理が低糖度と保存料なしあんこをご提供する秘訣のひとつとなります。 当店では上質な砂糖のみ控えめに使い仕上げます。あずき100%です。(安価なこしあん、パウダーあずきゼロ) 自家製餡子でしかも、低カロリー国産メーカー砂糖(スプーン印三井等国産)を控えめに使用しています。 ●あずきの素材について● あずきは豆のなかでも油が少ない (参考 大豆20% あずき2%) あずきは食物繊維がたくさん あずきは植物性たんぱく質が豊富 (小豆はお肉とほぼ同等 身体に必須栄養) あずきは不足しがちなカリウムが野菜よりも豊富 あずきはポリフェノールなども赤ワイン赤ぶどうより豊富 (お赤飯の赤は、あずきポリフェノール) あずきはビタミンBなども含まれている  当店のあんこは、無添加で 新鮮な自家製ヘルシーあんこ ヘルシーあずきで健康アップと難病予防に役立つlink 参考ページ ヘルシーあずきで健康アップとダイエットの基本 ご参考リンク 若返りの最強食品「小豆」をとろう (東洋経済オンライン)ご参考リンク ヘルシーあずきで健康アップとダイエットの基本 ご参考リンク 小豆は魔法の豆と呼ばれるほど美容と健康にいい美容食品 ご参考リンク (栄養たっぷりの小豆は、豆の中でも脂肪油がほどんど含まれないので低カロリー) (参考 最高と言われるバター、生クリームでさえ 脂肪油がほとんど、たんぱく質は4%) 白米、小麦、砂糖 などはすべて糖質と言います、食べると おなかの中で最小単位の糖になって(ブドウ糖) 腸から吸収されます。たんぱく質や油もエネルギー原となりますが、人間の体の負担が最小で取り入れらえれる エネルギー源は、糖質からのブドウ糖が一番です。 (たんぱく質と油脂だけでも人間も生きてますが、身体や内臓に負担が多くなりますので原始古代人と同じ寿命になると思います) あまりに余分に糖質をとり過ぎると体内で脂肪などに作り変えて蓄えます。 太郎焼きはヘルシーなので、運動してエネルギーを消費するのが最高にヘルシー健康アップになります。 食べて甘く感じるものが糖質と思っていませんか?ご参考リンク 糖質が多く含まれている食べ物は?ご参考リンク 2016年 世界平和維持に国連も豆を推進 豆類を増やして増えてしまったガンなどの現代病を減らし 富や平和と健康アップ(医療医薬介護はGDPにNOカウント) ご参考リンク 一般家庭ではなく食品メーカーや外食産業で使用されている油(植物油)は健康と環境にどうなのか  ご参考リンク 2017.04.29 〔価格改定や営業日時間変更のお願い 2014.04〕 18年間の光熱費や砂糖や小豆や価格上昇が、人件費削減や借り入れ金で対応してきました 特に急激な数割もの小麦粉価格上昇や砂糖価格上昇やアズキの値上がり等で営業環境が厳しくなっています。 販売時間や営業日の削減にて材料以外での人件費削減に努力して価格を維持していますが、 昨年2013年までの度重なる小麦粉の政府元売値上げや、今回の消費税負担増で 税込み販売価格の見直しになりました。今後もヘルシーあんこ(無添加自家製)を継続して、ご提供していきます。 なにとぞご理解の上に変わらぬご利用ご愛顧をお願いします。 通常営業と比較して、越谷当店では販売時間短縮した分と営業人件費削減などの利益をお買い上げ頂いたお客様に販売価格 を低く設定して当面ボランティア価格にて還元していきます。さらに 安全な保存料などないヘルシー自家製あんこを増量して 美味しさもアップしています。食の安全などの研究は休まず日夜、仕事として趣味も兼ねて行っています。 当店ではバターを微量使っていますが 植物油から作った脂肪が原料のクリーム味や カスタードクリーム味のカスタード風は取り扱っていません。一般的にマヨネーズとかクリームの主成分は油や加工油です。 植物油加工食品のクリームやカスタードは当店では取り扱っていません。越谷店太郎焼は あずき餡の太郎焼が専門です。 ⇒ 独立行政法人国立健康・栄養研究所 参考リンク先 ⇒栄養価あるが 生卵は黄身だけ 白身は加熱しましょう 参考リンク先 ⇒ もっとおいしく安心して使うための砂糖の基礎知識 参考リンク先 ⇒ 上白の原料のてんさい糖は体を温めるは本当ウソ? 参考リンク先 アズキ(あずき小豆)は健康にもよい食材です、高カロリーの油がベースの洋菓子と違い和菓子はヘルシーです。 生乳から作ったホイップ生クリーム以外のクリーム味クリームの原料油の水素添加の問題。 (欧米では トランス脂肪酸は禁止制限があるらしく、健康上で有害を認めてます) トランス脂肪酸を含むmargarineやshortening (加工油脂)や 植物油から作ったクリーム(コンパウンドクリーム)は扱っていません、自家製のヘルシー小豆餡子専門で販売しています。 インターネットで調べた範囲の情報からです。下記にリンクもありますが、ご自身で検索したり調べてみてください。 最近はshortening (加工油脂)、margarine (水分がやや多いmargarineがfat spreadという) を 植物油として表記している食品が多いのに 気がつきました、加工油という言い方もあります。安全重視の消費者はこれではすべて パン、クッキー、そのたの大手工場生産食品を買えなくなります。 正しい表記の規制が必要です。厚生労働省は国全体の利益を考えてください。 製造者は国民のためにあるのです。 植物油の硬化油(margarine、fat spread、shortening、クリーム)や「トランス脂肪酸」 下記リンク集 種類が多く危険な食品は一言で語れませんのでご参考にアクセスしてご自身の判断基準で過剰にならずに防衛すると安全です。 2007年現在 トランス脂肪について参考映像のご参考のリンク先 続いて映像有ります ⇒トランス脂肪参考資料の参考リンク先 クリームなどの加工脂肪の取りすぎに注意  農林水産省リンク 世界では規制されているが日本では放置されている各種の加工脂肪に含まれる悪性油脂に注意 参考リンク先 ⇒健康に欠かせない油は炭水化物よりも種類も多く選ぶのが難しいけど健康の鍵・油の知識です ご参考リンク先 (当店はトランス脂肪酸を含む植物油脂クリームなどの材料はいっさい使っていません) 健康にもよいと言われる 小豆 あずき(アズキ)100パーセントの あんこ 小豆餡の専門店です。 砂糖も控えめですから、健康アップの小豆の割合が たっぷりです。

 リンク集 おいしい召し上がり方
太郎焼について。おいしいあずきあんこ餡子の作り方
ある太郎焼の、お店の紹介
産地直送 太郎の陶器店の紹介 古川製作所(陶器小売部)



↓おいしさとは安全と健康を考えて 食の安全などについて参考リンク集など↓

糖質ゼロをめざしたら元気で健康になれない人間(ビジネスジャーナル)
花粉症が、サラダ油とマヨネーズをやめたら治った!原料にがん、糖尿病、脳梗塞の危険!(ビジネスジャーナル)
おなかの調子をよくする食物繊維で健康と美肌が期待できるし長寿と元気、しかも大腸ガンなんてのも無縁となる仕組み(東洋経済オンライン) 食物繊維で腸をキレイにしたら、健康長寿の秘訣は動くとこで血液循環を良くして細胞内の炎症物質を体から排除すること、ウォーキングなどでがん抑制  参考リンク先 (日経ビジネスオンライン) 運動する効果の一つ 週に数時間の運動!  参考リンク先 (日経BPがんなび) 腸内環境を良好に保つには、一定の頻度で食物繊維を食べることが大切! 参考リンク先 (日経ビジネス) コレステロール制限は人体に超危険!高いほうが長寿命、低下剤は糖尿病等のおそれ(ビジネスジャーナル) 「まともな食事」崩壊で命を危険にさらす日本人!栄養素スカスカ加工食品まみれで病気蔓延(ビジネスジャーナル)
減塩で17%の人が血圧上がる 無理に塩分控える必要なし(NEWS ポストセブン) 食品と暮らしの安全 健康的な食生活に役立つlink デンマーク基準は先進的
いつも食べている多くの食品に含まれる総脂肪酸と有害性トランス脂肪酸の含有量 食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量 ご参考リンク(農林水産省)

超危険なトランス脂肪酸が蔓延!ポテトフライや菓子パン、生クリームに大量含有 ご参考リンク(Business Journal)
食品でクリームやmargarineや植物加工油など植物性なので体に良いと思っていませんか ? 
カロリーはバターの半分とかTV宣伝しているfat spread(margarine)はコレステロールゼロだから体に良いと思っていませんか ?
おいしい洋菓子に良く使われるmargarineや、おいしそうな名前にshorteningがありますが、外国では健康被害の物質が入ってるので規制されてます。
冷めてからも脂っこくなく、パリット、サクっとした食感の出る揚げ物の油は、実はshorteningなのです、しかも酸化しにくく消費期限も長持ちします 参考リンク先

植物油100%が危ない!トランス脂肪酸  参考リンク先
万病の元!?トランス脂肪酸を含む食べ物・怖い話

margarineやshorteningなどの植物油はポテトチップスやスナック、ビスケット、菓子パン、カレールー、レトルト食品、コーヒー用ミルクやアイスクリームなどに。。

大学生食生活の危険度は25人に5人はWHO基準を超えてトランス脂肪酸を 知らずに摂取、NHKテレビ番組 You-tube「テレビでは公表されない重要な情報」 
(多くの民放はスポンサー収入で成り立つためにこのような番組はありえません)(NHKがアップしたのでないので削除されてしまった
トランス型脂肪酸について なぜ報道しないの? 参考リンク先 悪玉コレステロールがない植物油も危ない!トランス脂肪酸てなに 参考リンク

食品を選んで健康を維持 悪玉コレステロールを改善する5つのコツを紹介  参考リンク先

「margarine=健康的な植物油」はウソだった 参考リンク先

トランス脂肪酸の参考リンク先は太郎焼とは一切関係ありません。 あずきの餡子は日本人の平均的な食生活に最適な食材です。 油を使用していない、和食や和菓子が健康にもよさそうです、太郎焼は和菓子です。 油も健康には必要ですがバランスよく 工業的な加工していない新鮮なものを食べましょう。(魚やオリーブオイルなど) 揚げ物に使いまわしの油や、高温で酸化しにくい植物油のパーム油などは体に良くないようです。
農林水産省によると、トランス脂肪酸は食品から摂る必要のないアブラ 週刊朝日 2016年12月23日号参考リンク先

動物性脂肪は悪者じゃない! 脳梗塞リスク減らすバターやラード〈週刊朝日〉参考リンク先

植物性なら安心なんて大ウソ!生活習慣病には「サラダ油」が一番危険 週刊現代 参考リンク先
危険なサラダ油やキャノーラ油等の植物油、年間13Lも摂取!がん、糖尿病、認知症のリスク増 参考リンク先 2017.03.01Business Journal
油が決める健康革命 油を変えれば体は変わる 釣部人裕 いい本ですお勧め ダイナミックセラーズ出版。 (体の不調や異変や病気は、油が関係しています。参考動画リンク先 参考リンク先や油を選んで健康の本は太郎焼とは一切関係ありません、太郎焼には油を焼き上げで無塩バターを微量使用し、衣や小豆も油脂分をほとんど含みません。
小豆あんこ & 彩穀健美 で もっと完全な健康アップもサポートしてます。食材自然派サプリ、彩穀健美を一人でも多くの健康志向の方に さいこくけんび 食物繊維で医療費削減と健康アップでの国力アップに、健康アップ推進価格にて、彩穀健美を特別販売しています。 彩穀健美 ヘルスケアのマルマン リンク先 ヘルスケアのマルマン maruman オメガ3油 DHA EPAサプリ プラセンタ他 禁煙パイポ 電動歯ブラシ リンク先 栄養たっぷり和スイーツで美容健康元気すべてをアップ&ダイエット 小豆あんこ と 牛乳での彩穀健美セットがおすすめ 
お勧めおなか元気で美容に 食物繊維が彩穀健美1袋でレタス15個から20個分 ビタミン類と発酵エキス酵素と食物繊維などで健康アップの働き

マルマン『スーパーフード』ダイエットに食物繊維と乳酸菌発酵酵素など栄養ドリンクとして。爽やかなベリー風味で美味しいドリンクを適量を水やお湯に溶かすだけ

チアシードの栄養価や栄養成分表はどんなの? ご参考リンク

チアシードについてもっと知りたいけど美容や便秘解消やダイエットになぜいいの? ご参考リンク



雑感文章下部
一般的に 和菓子 の 材料 は 洋菓子 や ケーキ と比べて、
健康的な材料が一般的には使われています。
おいしいあんこが高価なため、あんこの需要を満たすために
国産のあんこも量を増やすためにあまり甘くない食品(ソルビトール)などによって砂糖を
置き換えて量を増やし餡子のコストを落としているのが現状です。

安価な植物油を使った工場生産の通称のクリーム(ホイップクリーム。コンデンスクリーム。ホイップクリーム)と比較すると
安価な工場生産のあずき餡は味いまいちで、通称クリームがおいしく感じます。
本物の小豆100%砂糖100%の小豆餡子と比べるすべもなくクリームが好きになり
安物のあんこ(ソルビトールで薄まった小倉あん)が、たいしておいしくないので餡子嫌いが現状で増加していると
考えられる、やすければいいの資本主義のゆがんだ社会食文化現象だと思います。
その偽装クリームともいえる通称クリームが
健康に与える影響はどうなのか。
脂肪が多いとかのレベルではなくカロリーが多いとかの
ものでもない食品の安全について十分に使用者および
クリーム製造者や厚生労働省は認識するべきです。
いくら情報化社会でもしらない人が長期的に被害が出る
可能性を放置してはなりません。
最近では食パンを朝めしあがる家庭が増えているそうですが
食パンをふっくっらしっとりさせるためにfat spreadやmargarineやshortening (加工油脂)を
混ぜたのが一般的であるそうです。
もちろんトランス脂肪酸の含有している
margarineやshortening (加工油脂)であるだろうと思いますので
最近ではフランスパンにしています。フランスパンなど固くてぱさぱさのは入っていません。
焼きたてであったかいので太郎焼きは柔らかいです。冷めてもおいしい様に
太郎焼きタロウヤキはしっとりしていますがノンオイルです、水分をたっぷり
保湿重視の牛乳パックに近い箱や水分が逃げない紙袋へ入れているので
油を使わなくても柔らかで しっとりおいしいわけです、しかし当日が限界ですし箱の中は水分が付く
場合があるのがヘルシーであるがゆえのことと引き換えであると、ご了承ください。
冷蔵庫へ入れての保存では電子レンジでの再加熱をしたほうがおいしいです。

洋菓子(クッキー関係)や食パン、菓子パンなどや
揚げ物に使うshortening (植物油由来の油脂)(加工油脂)はトランス脂肪酸
が多く含まれていています。

最近のshorteningはトランス脂肪酸に加えヤシの実油(パーム)に多い不飽和脂肪酸が増加した 参考リンク先
トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種で、バターやmargarine、 揚げ物、菓子パン、カップ麺、牛肉、乳製品、マヨネーズ、カレールウな どさまざまな食品・調味料に含まれるので表記が ないものはメーカーに電話などで問い合わせて安心して食べられる食品を 選ばなければ、ほとんどが安全とは言えないのが私の実感です。 現在はクッキーに使ったり揚げ物に使わなく指導している 外国と違って日本は自由にトランス脂肪酸の入った油を使えます。 ケーキも牛乳から作ったクリームならいい。 生乳から作ったのならまず安全ですが ヘルシーなイメージの植物油から作ったクリームが多く出回っています。 植物油を電気加工して水素を添加してねっとりさせ油臭さを取るのだそうです。 margarineやshortening (加工油脂)は使わない、食品は極力見極めて margarineやshortening (加工油脂)などが成分表に書いてあったら 控えることも現在は必用です。加工油脂という曖昧な表記がありますので 食の安全や健康を考えたら成分表も意味がなくなります。 shorteningやfat spreadやmargarineなどトランス脂肪酸を国が野放し規制なし の日本のトップブランドのメーカーよりも欧米や欧州から輸入したものは日本のもの よりは安心かもしれません。 国は消費者よりも製造メーカーの利権を重んじているようです、逆だと思います 、国民の為にメーカーがあるのだし国民の健康を守る権利がメーカーにあるのです。 メーカーが儲かるため、健康に悪い成分が混入していたのではおいしくっても 安くても国民(消費者とも言うけど)詐欺にあっているのと同じで、気がつけば 嬉しくもありがたくもないはずです。 margarineやshorteningをたっぷり使っておいしく作っても 安全な純粋な植物油で作った食品や高くてもバターや生乳クリームを 使った食品を提供してもらいたいものです。 margarineを作っているメーカーは知っているはずなのに コレステロールゼロやカロリーが1/2を詩ってトランス脂肪酸(トランスファット)の含有量は表示せずに 製造販売しています。(知らない消費者が被害者になるのを知っていると思いますが、利益優先でしょうか) 誰のために製造しているのか、国民のためでしょ、企業の利益や従業員が生活するためにでは ないでしょ。 ちなみにアメリカや南米北米、ヨーロッパ諸国その他オールトラリア、韓国、では トランスファットは5年くらい前から規制の対象になっている国が多いからです。 バターよりもmargarineやfat spreadをヘルシーだと思い込んでいるのは世界で日本くらいなものだそうです。 最近買った韓国製のチョコパイはshorteningは使っていませんでしたし 規制があるので買いました、以前から国産大手のもの危険物質(トランスファット) が入っているかも しれないのでおいしいのは知っていますが買わなかったのですが、意外とおいしかった し安かったのです。食パンはほとんどの国産メーカーのはmargarineやfat spreadやshorteningが 混ぜてあるので食品としては買えません。 自分でホームベーカリーを買ってでも焼くしかないのかもしれません。 自分でフルオートのホームベーカリーで食パンなら小麦粉を練ってイースト菌を入れ発酵して焼くけば いいのですが、やはり面倒ですし場所が要ります、でも最近は2斤サイズで ホームベーカリもネットならば6000円程度で買えます。 コレステロールがすくないからmargarineがヘルシーだなんて 思ってた消費者は多いはずです。ところが その製造工程でコレステロールより遥かに不健康な油が入っていたなんて 。。それを解明できたのに厚生労働者では規制さえしていません。 ちなみに バターは安心ですが、margarineは最近の トランス脂肪酸が低レベルに抑えられたもの が出ているのかが明確な表示がなく トランス脂肪酸が何パーセントとは表示されていない現時点では買えません。 また、トランス脂肪酸が少なくして飽和脂肪酸を多くして調整した不健康な 油も増えつつあります。なお植物油のパーム油はshorteningの代用品には 不健康な油なので使えないようです。 おいしいいバターが安心、料理には無塩バターがお勧め。 ケーキなどの洋菓子は一般的に和菓子よりも脂肪が 多いものです。トランス脂肪酸や飽和脂肪酸が 含まれていて習慣的に食べると悪玉コレステロール が増えて動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの 健康被害がでるようです。 メタボフリーやメタボリックなど言われていますが 最近のお子様はクリームが大好きなお子様が多く 将来、現在の日本のトランス脂肪酸の規制なき 状態では20歳代や30歳台から成人病が多くなり 心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞など肥満が原因 の人口が増える可能性があります 韓国ではトランス脂肪酸の表示義務があり アメリカ、ニューヨークでは2008年の夏から トランス脂肪酸を撤廃していく規制が出来ている そうですが、日本人でも食習慣が欧米化している 現在では国民平均を基準のした考え方では通用しない。 クリームやmargarine、shortening (植物油脂に水素添加した加工油脂)を使ったお菓子や アイスクリームをたくさん食べても安心なトランス脂肪酸の 規制のある国にしたいものです margarineは夏の常温で数ヶ月腐らないそうです、バターはトランス脂肪酸も 微量ですし自然界で腐敗します、しかしmargarineは違うそうです、 ばい菌もだべないものを人間が食べて良いのでしょうか。 動物は細胞で出来ています。細菌が分解しようとしない食べ物を 認可してよいのでしょうか。料理にはバターを使いましょう。太郎焼きは あずきを使っています、健康にもあずきの餡子を使った和菓子は健康的で最高です。 近頃、お客さんでクリームを求めてご来店してくる 方は増えています、確かに工場で生産されている クリームは味もどこで買ってもある程度はおいしいものです が材料がなにか保存料はどうかまで分かりません。 高額なケーキになら生乳で作ったホイップクリームを 使っているだろうと思いますが、クリームパンはタイヤキ や今川焼きやスーパーでパッケージに入って販売されてる シュークリームに使われているクリームは大豆油を水素添加 や乳化剤で作った正確には擬似クリーム(偽造クリーム?) も多いのではないでしょうか。 乳化剤って油よごれを落とすせっけんと同じ働きをする原料です、 食品用石鹸と表記したら判りやすいです 油を水に溶かし込むことで油からミルクのような飲み物を作れます いくら表示義務があってもクリームの製法やトランス脂肪酸 が何パーセントとかは表記しません。 いまだにshortening (加工油脂)油を使ったお菓子や料理を 植物性油だから安心と思って食べていると思いますが トランス脂肪酸に変化した植物油は健康的ではないと 知っているのでしょうか。 無塩バターを太郎焼きでは使っていますが買うついでに margarineを見ました。健康にいいようなイメージで コレステロールが少ないとかゼロとか書いてある ものが多いのですがトランス脂肪酸何パーセントです という表記は無かったようです。 margarineはまだまだ安心して選べる情報が表記されていない 様に思いました。 私も以前はmargarineはバターよりも動物性油が入っていない ので安心してたくさんパンに付けて食べていましたが 今ではパンも食べません。どしてもパンに付けるのは スライスチーズかバターにしています。 日本も欧米人と同じ食文化を持った方も多いのに平均消費量 でトランス脂肪酸を含むmargarineやshortening (加工油脂)や 油を加工したクリームを規制や表記義務をしないのは おかしい、国民の利益よりも製造メーカーを保護している のか知らないものはどうでもいいというのか。 私は50歳だが以前は高脂血症であった、margarineやshortening (加工油脂)をたっぷりの クッキーやジャム∩margarineのパンも好きで食べていた。 以前は狭心症の症状も出ていた、 健康診断の血液検査ではコレステロールがオーバーしていた。 今はすべて適正だ。margarineはバターにしているし あまりパンは食べない、ビスケット、クッキーもshorteningが 入っているので食べていない。つまりmargarineやshorteningを避けて健康になった。 企業や店はお客さんの健康や利益を優先して ただ売れればいい、おいしければいいの 商品ではない食べる人が長期的にも利益となる食品を、お客さんへ商品を提供してもらいたい。 大手販売店も有害食品を置かない仕入れないを実践してほしいものです。 加工食品の消費期限が短くとも、割高であろうとも、健康が第一です。 ●日本人は和菓子と和食が一番● 越谷の太郎焼はあずきベースの純粋な和菓子です。 日本人は和食と和菓子でなら長寿だろうけど 現在の日本でのパンやクッキービスケットスナック、カップラーメンなど ほどんどがヨーロッパでは通用しない基準で製造された食品なので ヨーロッパ人並みに食べられない食品なのです。 トランス脂肪酸がどれだけ健康被害を引き起こすか 日本ではまだ確認できていないとして規制していませんが 先進国で規制していないのは、ななり少ないと思います。 パンにバターを使えば昔からあるパンが焼けますが たいていshorteningやmargarineやfat spreadを たくさん使っています、たくさん使えばしっとりふっくらして食感も よくさめてのふんわりでおいしいです、まったく油をいれないと フランスパンと同じで固くぱさぱさです。 よく焼き立てでパン屋さんで売っているのも、おおてのメーカーのパン袋入りと同じ です。工場で作った、焼くだけでできる生地を仕入れて焼いている 焼きたてパン屋さんも多くあります。 で蓄積されて健康を害すると 海外では特別に規制しているのですから、日本内では油の使った食べ物は なるべく控えて和食にした方がいいです。 すべて自分で作っても、カレーのルーみたいに半製品はかったら 意味がありません。すべてお手製はかなりの時間などもかかるのですが 食材をすべて吟味できるので安心した食べ物をとることができるでしょう。べつに害はないのですが、放射能と同じで長いあいだに健康を蝕んで行きます。 忙しい人が食べてしまいそうな、簡単飯の名前がバランスえいしょうしょく なんて言いますが、カロリーのほとんどが margarineだったりしていました。ヨーロッパなど、海外では売れない代物だろうと 思われます。いろんな名前の簡単飯は、材料をよく調べてから食して、なおかつ 非常時だけにして、常用は避けた方が無難です。 菜種の一番絞り油とか、ヨーロッパから輸入した一番絞りのオリーブオイルなどなら 心配なしです。高温にしたものや、植物性液状油をmargarineのように電気で加工し固形にした油などは、たとえおいしくても、コレステロールがなかろうとカロリーがどうであろうと 健康上でリスクがあるので、おすすめできません。 絞るほど油を含まないものの油は、溶剤でとかして蒸留した油は変質してますのでNGです。 だれかのブログ参考になる部分が多いです ↓ http://blogs.yahoo.co.jp/kabusuiriclub/59813554.html 原発のいい加減な安全対策を放置していたと同じ様に、海外では トランスファットを規制しているのに、 日本人の食の安全を規制せずに対策をせずに、放置しているのかもしれません。 くれぐれも油脂の多く含んだ加工食品は、安全な食品を選別して買うようにしたいものです。しかし、かなりの知識と時間とを必要になると思います。 それよりも海外(デンマークなど)と同じ基準でもいいから、流通させないほうがいいと思っています。 ●待機電力について● 家庭電化商品でも待機電力が数Wあったが 最近ではゼロに近くなった。1000円コスト を減らして作るために買ったお客さんが 年間1000円電気代を多く払い10年で 1万円を無駄にさせる。 最近はエコが騒がれメーカーも対応してきました。 30年以上前から知っていましたがやっと との思いです。 トランス脂肪酸も将来大きな健康被害での対応コストに気が付き 対応したときは手遅れの人が多く発生している それからの対応となるのでしょか。知らずに 植物油から作ったmargarineやshorteningなどの加工油をコレステロールしかしらずに コレステロールがないからとか植物油が原料だからと水素添加での副産物のトランス脂肪酸 が含まれているのが表記されていないし健康に悪いのをしらずに ヘルシーだと思って食べている人が多いはずです。 20年以上前あるクリーム製造会社からの セールスが来ました、 業務用のクリームはビニールパックされていて 冷蔵庫の保存しなくても常温でよいとされ 価格も小豆餡子と比較したら大変安価な ものでした。味見はしませんでした。 なぜか、材料を聞いたら植物性の油から 作るそうでした、開封してもある程度は 日持ちするそうでした しかしとても餡子の代替としては使いたくは ありませんでした。 当時私はマヨネーズが あるていど好きでたくさん食べていました たまごから作ったと言う事でしたが油が あれほど多く含まれているとは知りませんでした。 マヨネーズ好きでクリーム好きでmargarine好きで クッキーが大好き、アイスクリームが大好き 油の乗った牛肉も大好きで 現代の偏った食文化を持った一部の人々は トランス脂肪酸のリスクにも気が付かずに毎日 心臓病や高脂血症や脳梗塞などの血管循環器 の元を摂取していますが天然ではな工業的な加工で作る食品はいくら天然の食材に含まれていると 言えども規制や表示を法律で規制したほうが良い。 私の家内が昔勤めていた会社の同僚にアイスクリームが大好きで 毎日1リットルくらいをたべていたそうです、 スーパーで500円から1000円もだせば買えますが 健康は買えません。材料はたしかに天然ですが 加工に関してはいろいろ工業的に作られています。 margarineと同じ原理を使って植物油を乳化して アイスクリームとするのかどうかは詳しくはありませんが、 その方は30才代前半に心筋梗塞で命を落としてしまいました。自己責任と言われようが偏食 があったからかも知れませんがトランス脂肪酸が 健康に悪いことがその時代に解明されていて 食べ過ぎに注意していたらそうならなかった でしょう。食生活は自己責任で自由ですが 知らずに知ることが出来ない状態で現在分かっている危険を放置することは疑問です。 子供イコールクリームが好きと言うのはいいのですがそのクリームが何を元に作られているかを 知らせないで同じクリームという名で販売しているのは 問題があるかもしれません。ミルク=クリームではないのです。クリーム=油もあるのですから。 作り方は、食用油に食用石鹸を入れて混ぜるだけです。食用石鹸と表記すると 売れませんから乳化剤(大豆由来)などとなっていますが、仕組みは同じです。 それをミキシングして空気と混ぜて酸化させますとクリーム状になりますね、 そして砂糖で甘くすると、おいしい植物性ホイップクリームになります。 多少のトランス脂肪酸は混入しますし、ホイップする時に油分は酸化して 健康によろしくない状態になりますがmargarineと同じで乳製品で作った クリームよりも安価で細菌も好みません(たべません)ので常温でも日持ちします。 使い道は、冷蔵庫に入れないでもいい 菓子パン や ケーキ  クッキーにサンドするクリーム などなど。 ちなみにメーカー名が Xグミルクと言う会社も植物製のホイップを 作って売っています。日本のメーカーだからヘルシーだと思いますか? ちなみに家族が買って来てシチュー料理に入れてしまいました。私は油を 飲まされたみたいでおいしいけど抵抗ありました。(カゼインが消化悪いと言われるが 牛乳のほうが良かった、たぶんこれで子牛が育つんだから) でも最近、改善したのか上記のものはトランス脂肪酸は許容の範囲(0.45%)で ちょっぴり安心したのでした。心境を家族に話すと食べるものが無くなると怒られました。 日本は世界では禁止されているのにまだ国内では国民での実験で健康被害の危険が確認完了していないと言うためで 規制はしないようですが確認できてからじゃ被害者の救済もあるだろうし、遅いと思うけどねぇ やはり20年くらい前に、知っている範囲の知人で世界的に有名なフライドチキンメーカー のを毎日だか週に数回なのか食べていたがその方は割と早く心筋梗塞でなくなってしまった。 偏ったグルメって怖い。年に数回のケーキやフライドチキンなら良いけど なんでも実現できる収入多い人は食の面では危険が増える場合がありました。 コーヒーに入れる粉末の植物性油で作った クリームパウダーをたいていの人は知っていると 思いますが、あの程度なら問題 はありませんがあの材料でアイスクリームをつくったりお菓子を作ったら たくさん食べることになります。 油だけなら問題ありませんがその中にトランス脂肪酸 が多く含まれていたらどうでしょうか。 食品と暮らしの安全 健康的な食生活に役立つlink 参考ページ 小豆餡子はトランス脂肪酸は含まれていません。 トランス脂肪酸入り食品の取り過ぎは危険です、好きな人はたくさん食べますから余計危険です。 国民のほとんどは偏っていますから平均では解決できません、 日本国民が平均でかたずけられたらトランス脂肪酸の摂取量も平均ですまされて 一部のトランス脂肪酸の含んだ食品を好きな人の心臓病や認知症や脳梗塞などの成人病の発生を高めるからです。 大量に摂取する事で動脈硬化などによる心臓疾患のリスクを高めるといった食品をほとんど知らされずに 平均で考えて安全という厚生省の考え方は将来の大きなコストになると思います。 近頃はmargarineをバター1/3でコレステロールも1/3とかmargarineを表記しないで商品のパッケージを作って ヘルシーなイメージで製造して売る有名乳業会社もあります。植物油だから安心ではないのです。製造工程で出来てしまう トランス脂肪酸が問題なのです。 margarineと書いていなくてもトランス脂肪酸の危険性があるmargarineを消費者をだますような イメージで製造販売していますが、いくらトランス脂肪酸が表示義務が無いとしても表記していただきたい。 ほとんどのメーカーではトランス脂肪酸は明記してありません、表記するとマイナスになるのはメーカではなく 消費者なのです。しかし表記したほうがブランドイメージは高まると思うのですが、margarine製造組合でも あるのでしょうか、それともメーカーのトップは信頼よりも目先の利益が大事なのでしょうか。 、margarineと同じですから3から4パーセント 含まれています。怖いのはヘルシーだと思い込まされて知らずにたくさん摂取してしまうことです。 10グラムあたり0.4グラムのトランス脂肪酸でもパンに数ミリ厚で塗ってたっぷりたべたら 100グラムは食べてしまうのです。日本国の平均を数倍以上摂取してしまいますね。 平均の量で安全だとは厚生省(厚生労働省)おろかさです。 輸入品のビスケットはクッキーは日本の大手メーカーのshorteningたっぷりのおいしい ものより安心でした、ちなみにウエハースは日本国産のものはshorteningを使って いますがブラジルのものはTrans fats Freeでした、shorteningが必要な のに油は大豆油で健康に配慮した結果でした。ウエハースにもたっぷりshorteningが入っていたのでした。 ちなみに私はshorteningを使った食品は買いません。 植物油もすべて含んでいるので買いません、食用油の銘柄が表記してあるか トランスファットフリーか0.5パーセント以下でしたら買います。 日本ではコレステロールばかり有名ですがトランス脂肪酸をいち早く 国民が危険な混入油と認識してもらいたいものです。 メーカーが利益よりも良識を優先すればよいのです。 流通コストや消費期限は製造コストを犠牲にして良識を優先して安全な 食品を供給していくことが、結果的には食品製造者としての任務を忠実に 果たしたことになるし、結果的には企業の利益にも繋がる可能性が大きいと 思います。いいところを誇大表示して、危険な部分(トランス脂肪酸が多い食品)をさらけ出さずに、 国民を(お客様)だますのだけは絶対にいただけません。 ◎電気製品の待機電力の低減化についてからめ食の安全について◎ 最近はミニコンポでも待機電力はほとんど使っていませんが昔のものはタイマー機能がないものでも 聞いているときからスイッチを切った状態でも半分以上電力を消費したものがありました。 年間数千円ですが年間数時間聞くだけでもコンセントを差し込んで あったばあい10年で数万円のエネルギーを無駄に消費したことになり その家電を買った人は10年間で数万円高い買い物をしたことになるのです。 昔のラジカセはほとんどがこれと同じ設計です。 日本国中ではとてつもない無駄があったのですが 製造販売会社も対応していませんでした。 一部の賢い消費者はコンセントをまめに抜いて対応していましたが メインパワースイッチを設けたアダプターやラジカセは ありませんでした。数百円の部品のためにデザインのために はらったコストは地球環境を破壊したCO2やエネルギーを含めたら とてつもない無駄だったと思われます。 食の安全を取り締まることはお国が行うのが一番早いと思います。 厚生省が平均値で考えているようではトランス脂肪酸を排除した食品を製造 する方法も進歩しないし国民も認識して選別できません。 メーカも変な連帯感をなくして独自の基準で安心な食品を提供してもらいたい ものです、諸外国のより日本のメーカーのスナックや食べ物がおいしいいが引き換えにトランス脂肪酸が多くてとても危険なんで外国製がいい という常識が出来始めています。 当店では越谷市民の健康を推進するためにも通称クリームは取り扱わずに あずきアズキ小豆餡専門餡子あんこアンコの太郎焼きを販売していきます。 和菓子で一番重要な素材はあんこ(餡子アンコ)です。 おいしい安心なあんこ(小倉あん)は自家製でしかできません。 工場生産ですと火力にスチームなどの蒸気で煮ていますが ガス釜で煮た餡子の滑らかなこくのあるおいしさは工場での 大量生産餡子では不可能なのでしょうか。 保存期間も冷蔵庫保存で数日でしたら保存料を一切必要としません のでその点でもおいしさ重視になります。 餡子を日持ち日数を上げるために添加物や 合成保存料を使ったり糖度を上げるために甘くない砂糖類を多く使ったり していませんので新鮮な小豆餡の自然なおいしさが楽しめます。 margarineやクリーム類などの トランス脂肪酸入り食品の取り過ぎは危険 心臓病や認知症のリスク高める margarineやクリーム類、油で揚げた スナック菓子などに含まれるトランス脂肪酸が心臓病の発症や認知機能の低下 などをもたらすとして、欧米を中心に使用量の制限や表示義務など規制強化  に乗り出しています。 日本人は今のところ1日当たりの1人平均 摂取量は欧米に比べてかなり低いですが、内閣府食品安全委員会などでは 「脂肪の多い菓子類や揚げ物などを取り過ぎている人は平均値を大きく上回って 摂取している可能性がある」としており、代替品への積極的な切り替えや表示義務 などの措置を望む声が高まっています。 トランス脂肪酸は脂肪を構成している 不飽和脂肪酸の一種で、植物油などから加工油を作る際の水素添加の過程や油を 高温で過熱する際に生成されます。日持ちをよくしたりふんわり感やサクサク感、 滑らか感などを出すために使われており、ふだん口にする食品ではmargarine や洋菓子クッキーなどに使われているshortening (加工油脂)、揚げ物、乳製品、 クリーム、合成カスタードクリーム、植物性アイスクリーム、マヨネーズなどに 含まれています。特にmargarineやshortening (加工油脂)は含有率が多いものが ほとんどです。 好きなものは平均より多く回数や量を摂ってしまうので トランス脂肪酸の表示義務をするように規制しなければ しらずしらずに健康を害すまで食べてしまうのではないか。 直接的な害はなくとも有害には違いないトランス脂肪酸の含有量の 多い食品(電気工業製品)である。 油で作ったクリームと言えども生乳で作った生クリームは安全でしょうが 食べ過ぎたら脂肪取りすぎになり、いくらトランス脂肪酸が少なくても 健康を害します、洋菓子は和菓子よりもクリームを使ったものが多く ありますので、ただおいしいからと言うだけで、固形油類(クリームも含めて)を 嗜好していると長年の間に体は油のとりすぎの弊害が出てくる のに気がつく様に厚生労働省も報道や学校教育などをするべきです。 食品に含まれる脂肪含有率や有害なトランス脂肪酸の含有率も表示義務をしたらどうでしょう。 乳製品と一律に表示してあるのが現在の状況です、植物油で作ったトランス脂肪酸が多く含まれた クリームの味がする食品も乳製品と表示できてしまいます。いずれにしても油が多く含まれて いる食品となりますがトランス脂肪酸だけはいただけません。 一番トランス脂肪酸が少ないのは、バターなどの本当に牛のお乳(ミルク)から作った クリームと現在は認識していますが、今後は技術のも進歩して植物油からの乳製品(油加工 品と表示義務してほしい)もトランス脂肪酸含有率が少なくなると思います。 国民の一人一人の油の摂取量をある程度は、制限する方法、教育しかないかも しれません。無知な人々をある程度、食の安全に対して知識人にするしかない でしょう。 太郎焼は焼くときに風味よい天然安全 バターを微量使用しています。 しかも栄養価の高い小豆(あずき)は 健康にも良いとされています。植物油をベースにした乳製品はトランス脂肪酸が 含まれているので、コレステロール値が少なくトランス脂肪酸が含まれている 食品の食べすぎに注意しましょう。 当店では二〇年くらい前にクリーム入り 太郎焼の販売を検討しまいしたが、材料が植物油だったため健康的でないしからなどで、 あずき専門で太郎焼を販売しています。 加工油というあいまいな表記を トランス脂肪酸の含まれるmargarineやshorteningを嫌う消費者を ごまかすために使っているかは判りませんが 最近加工油脂という表記がよく目にします 広義にしてバターやmargarineやshorteningを一緒の名称にした訳です これでは余計に混乱してしまい信用がなくなるでしょう。 いち早く規制とトランスファット表示義務を求めます。 天然に存在しないトランス型脂肪酸を多く含む margarine・shorteningは日本以外では禁止または制限されています ○○ 問題のある食品油 トランス脂肪酸とは(他からの抜粋) (以下転載文) 液体の油である不飽和脂肪酸に電気を加え水素添加という電気化学処理を施して 、 天然の油であるバターやラードのような飽和脂肪酸に変えたものが、margarineやshorteningです。 天然に存在する脂肪酸は 、ほぼ全部シス型という立体構造を形成しているのですが、 この水素添加したものには、トランス型という立体構造を持つ天然にない異常な油が含まれています。 このトランス型脂肪酸の主な問題点は、3つあります。 1.トランス型脂肪酸は、プロスタグランディンに転換されず、 ま た他の不飽和脂肪酸がプロスタグランディンに変換されるのを妨げたり、 脂溶性ビタミンの利用を妨げます。 2.トランス型の構造は不自然で、細胞膜のしっかりした構成材料 にならないので、 膜組織に多量にあると、膜の構造が弱くなり、有 害な物質の侵入を許しやすくなる。 体の細胞のひとつひとつは、細胞膜でおおわれています。皮ふの細胞も同じです。 脂肪酸はその細胞膜を構成する物質です。細胞膜が、margarineやshorteningなどに由来する トランス型の脂肪酸で形成されると、その細胞膜は弱くて働きが悪いものになり、 皮ふ細胞の場合は有害物質の侵入を許しやすくなって、皮ふトラブルの元となります。 右図の上段は「シス型」の自然の植物油の構造で、中段は水素添加されて 一部トランス型になった脂肪酸です。 下段はそれらの脂肪酸によって作られた細胞壁のモデル図で、 一部トランス型の脂肪酸のところで細胞壁が切れてしまっている様子を表しています。 欧米諸国ではすでに、トランス型の脂肪酸を含む食用油の一部は販売禁止になっており、 トランス型の脂肪酸を含まないmargarineが、「トランス・ファット・フリー」 と表示されて販売されるようになっています。その基準を適用すれば、 わが国のmargarineのほとんどが販売禁止になります。これを放置していることもまた、 日本のアトピー問題を深刻にしている、わが国特有の条件のひとつと言えるでしょう。 (お国が腰を上げないのはshorteningやmargarineの製造メーカー団体  margarine工業組合とかが絡んでいるのかもしれません) 3.必須脂肪酸としての機能を持たないため生体膜の材料にも局所 ホルモンにもならないが、 排泄するための代謝に、大量のビタミンとミネラルを消耗するだけの有害物質なのです。 当然margarineなどは安価ですから、クッキー、クラッカー、パ ン、ケーキ、コーヒーに入 れるフレッシュ、アイスクリーム、レトルトカレーなどの加工食品によく使われているので、 ほとんどの人は一日に、いくらかはトランス型脂肪酸を取り入れているのです。 ある研究ではフライドポテト一人前に8gのトランス型脂肪酸が含まれているそうです。 20世紀始めには人間の体内には存在していなかったトランス型脂肪酸ですが、 今では日本人の皮下脂肪中の 約4%に達しているそうです。 また缶入りの紅花油やコーン油などの植物油も、それが高温で処 理されている場合、 その一部はトランス型脂肪酸に変性しています 。ですからmargarineを加熱料理に使用するのは、 トランス型脂肪 酸を一層増加させるという危険きわまりない行為です。 日本で今何千種類のクッキー、クラッカー、パ ン、ケーキ、コーヒーに入れるフレッシュ、アイス クリーム、レトルトカレーなどの加工食品が市販されているか知りませんが、市販のクッキー等で margarineやshortening使用してないものはほとんどありません。欧米のクッキーにはバターだ けを使用したものが多いです。ドイツではトランス型脂肪酸を含むmargarineの製造は禁止されています。 以上 (転載文、抜粋終わりです) 牽引 くりーむ まーがりん しょーとにんぐ とらんすしぼうさん ふけんこう あぶら ゆうがい


●健康な生活に欠かせない空気の環境について●

最近の住宅設計施工の問題点について

昔の家は日本の湿度の多い風土に適合していたのだが
昭和40年台に入ると
アルミサッシが出たころから冬場に結露を起こすのが
当たり前の現象と思っている人が多い。
結露とは湿度が露点温度に達したときにできる水
。石油ストーブなどを十分な常時換気をしないで
締め切って炊いていると燃焼により1リッターあたりで
1リットル以上の水蒸気が部屋に充満する、二酸化炭素も増える
、普通は換気しているので問題はないようだが結露が問題ある。
湿度があるところではカビが生えやすい、暖房すると天井裏
や壁の中、たたみに湿度が増えるのでカビが生える。
春先に暖かくなると、いっそうカビは生えやすくなり、カビを
主食にしているダニも発生しそこにすむ人間を蝕む。
とくに梅雨時は危険。
積極的に部屋の通気性を確保して、晴れた日は
家全体の窓を開けて日中は乾燥させるといい、もちろん
冬場の暖房が必要な時でも常時換気できる様に
各部屋の窓は1センチは開けて置くくらいがいい。
高層住宅ならよいが、低層で防犯上の不都合があるなら小型の換気扇を設置して
常時作動させるといい。
エアコンで暖房しているから換気は要らないと思っては
ならない、人間はお茶をのむし、呼吸しているし、体からも
水蒸気は発生している。数人いるリビングなら一時間に
500グラムの水蒸気が発生している、換気していない場合
はどこかに結露してカビの発生環境になる。
部屋には湿度計を置き55パーセントを超えないように
換気してコントロールしたらかなり結露は防げるはず。

どうしても換気でコントロールできないなら除湿機を連続
作動させるとかエアコンの除湿機能を作動させる。
省エネやエコを考えて締め切った部屋で生活するととんでもない
健康被害を受けてしまうので注意、エコだからなどと
2重サッシにすると余計に危険、窓のガラス面や枠による結露での除湿作用も
なくなり、換気するにも開けにくくなり、余分な水蒸気は壁や壁の中に結露し水分が発生して
家中はカビの培養施設になりうる。
エコやエコポイントにだまされないように、
2重サッシにエコポイントがつくなんて家全体の断熱性能や常時換気扇の計画喚起性能が
不十分で窓だけを高断熱にしても意味がないだけでは
なく健康を損ないます。窓の自然除湿効果もなくなり壁内で結露が発生します。
外気が1度なら20度の部屋は40パーセント以下の湿度が最適です。
それ以上あると結露の可能性が出てきます。飽和水蒸気曲線のグラフ
を見れば納得できます。
十分な換気の知識と湿度コントロール
が出来ないの現状の日本人的発想と生活習慣では健康を保つには
知識が必要で常識は通用しないかもしれない。
アルミサッシなどを使った住宅も含め
高気密高断熱住宅は使いこなしを間違うことのないようにしなければならない。
2003年に建築基準法で常時換気扇を設置義務となったが以前に建った
建物も設置したほうがいい。
そのほか寝具の乾燥も大切、ベッドでも敷きっぱなしではなく
乾燥できるように工夫する。近頃、花粉症とかアレルギーとかで
こまっている人が多いが、締め切った部屋は、花粉より怖いカビ
の害を認識するべき。アレルギーの本元は湿度の多い住宅のカビが
アレルゲンを製造する元であり、通気性の悪い環境を好んで花粉を恐れる
がために湿度が高い通気性の悪い住宅にしてしまい
自分からカビの生える環境を作り上げて自らアレルギーを起こしやすい体質
にしてしまう。
現代はカビだらけの生活環境をエアコンと高気密住宅住宅が後押ししている。
通常運転のエアコンは湿度までコントロールしてはくれない。
今後の進んだ家庭用エアコンは常時換気と空気清浄機能と湿度コントロールと
エアコン本来の温度の管理とがすべて一緒に行える
機種が一番便利で健康に良いと思う、外気温度湿度も読み取りながら
すべて自動が便利。多分すでに国産メーカーで探せばあると思うが
どの程度のものがあるか判らない。
エコばかりが基準では使わない人も多いだろうが
医療費のことや医者に行く時間を考えたら最高にエコだと思う。
以上、日本国民の生活環境改善したいところの雑感でした。
国民の健康は日本の財産のひとつだから。

   アレルギーだけではなくガンにも?日常に潜むカビの危険性  ご参考リンク

家中の場所で適切な容量で換気扇を365日24時間換気しておけば数ヶ月〜1年でアレルギー体質もアレルゲンも減って改善していきます
 換気扇の電気代節約は意味がない!?数円のために発生する思わぬリスク  ご参考リンク


上海では燃焼機関のバイクは乗り入れ禁止らしい、万博のためでは
ないらしい。たしかに迷惑がかかるからだ。
たしかにバイクの半数くらいが
車の100倍に匹敵するくらい臭い排ガスを出して走る。
日本も市内や都内は乗り入れ禁止にしたらどうだろうか。
昔の煙を吐いて走る大型バスや大型トラックなみのにおいに感じる
国が規制しなくては、何かの利点があるためにあのような
臭い排ガスを出して走るバイクを生産するのであろう。
メーカーとは自社の儲けや使う人だけでなく人類全体のことも考えて
製造してもらいたいものです。

○住宅内の湿度○
健康な生活を送るには食べ物と環境が大切なのですが
湿度について考察してみました
外気が50パーセントの湿度として
室内で発生する水蒸気を換気によって入れ替えすると仮定します
外気50% 10度の気温の水蒸気量は約4.7グラムです
室内温度25度湿度50パーセントでは外気が10度では窓に結露が始まっています
室内湿度を40パーセントまで下がるように換気し外気を取り入れて
温めれば良いわけです。外気の空気を取り入れます、10度で50パーセントですが25度まで
温めると湿度は20パーセントになります。
室内の25度50パーセントの空気を換気扇より排気し
取り入れた外気(10度50パーセント)の新鮮な空気を暖房で
あたためれば良いわけです。室内の空気を半分入れ替えれば
計算上では20パーセントと50パーセントの中間(35パーセント位)になるはずです。
外気が低い場合は除湿機よりも簡単に湿度をコントロール出来るわけです。
外気の室内よりあまり低くない場合は除湿機やエアコンでコントロール
しなければ暖房による湿度低減コントロールはできません
関東の冬場の湿度は40パーセントくらい、雨でも80パーセントくらいですので
実際は多少考慮が必要ですが、窓の結露を目安にして
ください。窓のや窓枠のアルミサッシが結露し始めたら赤信号です。
換気をして湿度を落としてください。外気が2度で湿度70パーセントあっても
室内は暖房していますので外気を取り入れて温めると湿度は下がります。
花粉症だと思ったら、春先の室内や壁の中や押入れの壁面に繁殖した
カビがアレルゲンだったと言うことがなくなります。
とくに布団は毎日乾燥させるべきです、部屋干しでいいですから
必ず毎日ほしてカビを発生させないようにしましょう。
雨のときは除湿機も必要かもしれません。
朝布団を押入れにしまい込むなど危険です。
必ず6時間は広げて乾かしましょう。窓を開けた乾いたお部屋でもいいです。
花粉症で悩んでいる方は、湿度管理と部屋の空気の状態を最適にする必要
があると思われます、花粉症のアレルギー反応が起こる前に
アレルギーが起こりやすい体質に敏感にさせるのが室内空気でありそうです。
先進国に多いアレルギー性疾患の増加 ご参考リンク

○納豆キナーゼについて

小豆(アズキ)は含有油分も少なく蛋白質も多くミネラルも多く含まれていて健康に良い食材です。その他の豆類では大豆がお勧めです。
大豆は栄養価が高い食品です、健康に必要なミネラルと蛋白質が豊富です。
納豆は発酵によってナットウキナーゼやビタミンBが増えますので
大豆よりもなお健康的な食品です。
油を含んだ食品が多い加工食品ですが、納豆を毎日食べることで
血液の流れがスムースになるそうです、血栓予防効果があり心筋梗塞や脳梗塞の予防も期待でします。大豆に含まれる油は健康に良い
不飽和脂肪酸だそうですし納豆が一番(本 納豆は効く 須見さん 解明された納豆パワーの秘密  参考に)。
伝統食品「納豆」から驚異の酵素発見!血栓溶解酵素・ナットウキナーゼ産みの親 須見洋行教授 血管は綺麗に・しなやかに!幸福の源点はこれにあり!
納豆の効果 参考リンク

かぼちゃに多い健康に必要 カリウム カロチン Bーカロチン(ビタミンA) ご参考リンク先2011-03
○小売店の労働生産性について エネルギー効率や人件費も含めて営業時間は短い方が良い、国内の全ての 小売店の労働生産性ロスは日本経済に悪影響をしている。 朝9時から夕方5時が法定営業時間としたら利益があがりその分を 購買者(国民)に労働時間短縮や低価格として還元できる。 不当な長時間営業をしても良いが、一部の対応小売店(高速道路のスタンドの燃料)のみとして 時間外の販売金額に時間外は消費税に追加して高率の25パーセントの 時間外消費税を課すなどの規制が必要かもしれません。 時間外加算消費税とドイツに見習い閉店法との併用も国益になるでしょう 商店売り場の消費電力も過剰になっています 今での常識的にハロゲン電球を使い商品を綺麗に見せるために膨大な電力を無駄にしています 事務所や売り場単位面積の照明電力は規制出来ないものでしょうか
運動と換気と栄養で健康 健康姿勢人ブログ 参考リンク先

Hpアドレス yypopocc Copyright (C) 2012 furukawa seisakusyo Corporation. All Rights Reserved. ●健康な食品ヘルシーな太郎焼 トップページへ戻る●
たこ焼きでさがしても太郎焼きが出てきます、太郎焼きで見つけようとしても 太郎焼きではなくて たこ焼き たこやき ばっかりが出てきます 世の中には、たこやき たこ焼き が 多くありますが たろうやき taroyaki taouyaki 太郎焼き は 少ないから と 入力ミスで たろうやき と たこやき は 似ているので 太郎焼きを さがそうとしても たこやき や たこ焼き しか 出なくなるんだろうと思われます フロントエンドも性能が良くなっていますが、多額の宣伝費を投入したキーワードに 強制して変換してくれます。ある意味では便利ですが忠実ではなくなります。太郎焼きと 入力して たこやき たこ焼き しか 出ないのは ナンセンスです。そこまで 入力ミスとして 太郎焼きを出さないのは おかしな フロントプロセッサです。 以下検索用yyぽぽcc  yy.popo.cc yy。ぽぽ。cc  YY.POPO.CC   太郎焼き本舗 小豆で健康アップ たろうやきで健康アップ 太郎焼き本舗 健康を優先 味は後から 健康アップするとおいしく感じます。味覚は太鼓からの記憶 健康になる記憶がおいしい  yyぽぽcc  yypopocc たろうやき本舗 たろうやきほんぽ こしがや タロウヤキホンポ たろうやき 太郎焼本舗 越谷
アクセスカウンター